ベーシックは美味しい
e0196965_9394698.jpg


お菓子に携わる方なら知っている
「オーボン ヴュータン」オーナー・パティシエ河田勝彦さんによる書籍
お菓子を作りはじめた頃から知っていた、分厚くて・・・何が書いてるのかさっぱりわからない本
しかも本の値段じゃない・・・
そんな本を私も手にする時がきたんです

河田さんのレシピで作るお菓子は本当にどれもおいしい
焼き加減も甘さも・・どれもが絶妙
河田さんは1967年から10年ほどフランスで過ごし、フランス菓子を学び帰国後、お店をオープンさせたそうですが・・
そのころフランス菓子もジェノワーズ生地やバタークリームを組み合わせたものが主流だったそうです
ここ20年で新しいフランス菓子が生まれるようになったそうです
河田さんは早くからフランス菓子を作っていたそうですが・・・
その頃はまったく売れなかったそうです
それでも菓子のありようを曲げなかった




e0196965_9535844.jpg


今でこそ・・マカロンやタルト、コンフィズリーなど多くの種類のお菓子を見かけるようになりましたが
私が小さい頃は・・・それこそバターケーキにスポンジ、黄色いモンブランでした
タルトだって「何それ?」の頃から、作ってこられたんだと思うと・・・・本当に素晴らしい

河田さんは
「フランスを愛し、フランス菓子を愛しているならば、その時代背景をできるだけ理解してとりかからなければならない
時代背景を理解するから、ベーシックなものは美しいのだ」と・・・・
今・・・フランス菓子に足を踏みいれ・・・
日々
「これはどうして?」
「なんで?」の紐をひとつずつ解いています
答えはひとつ
そのひとつの答えを知るために日々勉強
そしてその時代背景こそが紐を解く鍵ではないかと思う


そんな河田さんのお店に念願かなって訪れる予定です
10個ぐらい食べたい気持ちですが・・・笑
それまでこの本を見て、イメージトレーニングしたいと思います
[PR]
by rui-sweets | 2009-11-11 10:11 | すきなもの
<< TARTE CHOCOLAT ... Cooking Salon F... >>