Patisserie Ravi,e relier
e0196965_20252464.jpg

コルドンの修了式も無事におわり
基礎・中級とお世話になった川道シェフとはお別れ・・・
上級はフランス人シェフだそうです

シェフを必死に捕まえて
上級がはじまるまでに何をやっておけばいいのか?を聞く(みんなの目は真剣そのもの・・笑)
まずは手でチョコレートの温度がわかるようになっておくことと・・・
上級最後の試験は自分の作品を作るので、どんなものにしたいのか考えておくこと・・・
味・食感・香り・・・この3つが重要なポイントになるそうで
それにはいろんなお店に行くこともひとつ

時間があればお店に行くようにしてるんですけど
あんまり紹介したことがなかったなぁ~でもせっかくなので
よかったら見てくださ~い


パティスリー ラヴィ ルリエ
Ravi,e=大きな喜び relier=縁 (仏語)
Ravi,e relier=喜びを広げたい、つなげたいという意味の造語だそうです

以前から本でも見てたし、シェフにも最近注目のお店だよ、と教えてもらっていました
”素材を主張させる””素材に味をハッキリ引き出す”の言葉どおり
どのお菓子もどこか個性が光ってました
しかも!!好きな味♪



e0196965_20384515.jpg
「ピアニッシモ」
グレープフルーツとはちみつのムース
リモンチェロの香りを乗せた三重奏のガトー

ギリギリのゼラチンで固めてあるのでものすごく口どけがいい
お店の中では軽めなガトー




e0196965_20422248.jpg
「シュ・ア・ラ・クレーム」
シュー生地がしっかり焼き込まれてあり香りもいい
クレーム・パティシエールはぽってり濃厚

昔からふわふわシューはあんまり好きじゃなかった
しっかりシューをはじめて食べた時「シュークリームってこんなにおいしいんや~」と感動!!



e0196965_20422864.jpg
「トライトリス・アグリューム」
ノワゼット生地にキャラメルとレモンのガナッシュ
アクセントをつけたガトー

生地はおもいけど、レモンのガナッシュで軽さをだしている
味・食感・香り・・・すべてが揃ってるガトー
おいしい!!



e0196965_20424021.jpg
「ブルネット・ショコラ」
ムースとクレームを同じチョコレートで表現し口どけにこだわったガトー

口にいれるとすぐになくなってしまうぐらい口どけがいい
比較したらあかんけどいつも自分が作るムースとえらい違いや・・・笑




e0196965_2057468.jpg
これ以外にも焼き菓子も少々・・・
お店の方がものすごく親切で・・・
今勉強していることを伝えて、ブルネット・ショコラで使っているチョコレートの種類を教えてもらえませんか?
と・・聞くと気軽に教えてくださり
店内の他のお菓子も撮らせてもらいました





紅茶やクロワッサンもありましたよ~~
たくさん食べたいけど・・・我慢^^;
もちろん夜は走りに行きました~~笑

最近歯が痛い・・・
これは絶対虫歯だよね・・・トホホ・・・・
[PR]
by rui-sweets | 2010-09-25 21:13 | ショップのお菓子
<< CLUB HARIE 焼き菓子のおいしい季節がやってきた >>