recette
e0196965_1158667.jpg




お仕事をはじめて1年ちょっと
パティスリーでの仕事は今までのどんなお仕事よりも過酷で気力、体力勝負
この1年で何人の人が辞めていったかわかりません
気づくと私が1番古株になってました^^;

うちのシェフは普通はいろんなお店で経験を積んでお店を開くんだけど
フランスのいろんな都市をまわり、独学でお店を開いたパティスリー界の異端児
偶然読んだ雑誌の記事で知った
お菓子も今まで食べたことのないような味で・・・
とにかく、すごい・・・としか言いようがなかった
今もその思いは変わらない

何を聞いてもすぐに答えがかえってくる
どれだけ勉強されたのか・・・・
よくみてる本はボロボロ

お店をオープンして1年ぐらいで私はこちらのお店に勤めはじめて
シェフはとても接客を大切に考えてるので、厳しかった
2時間怒られたこともあったし、よく泣かされた
職場でこんなに涙したことはなかった

1度だけどうしてもシェフの考えに賛同できない出来事が起こって
そのことをシェフにつたえると、数時間怒鳴られ
それでも最後はお互いの気持ちをわかりあえ、握手
とにかくとても熱い人で情が厚く、たてまえなんてことは通用しない
いつも本音で本気でぶつかってきた
今ではすっかり分かりあえる仲になれたのか?・・・・
それはちょっとわからないけど、家族以外でこれだけ体当たりした人はいない(笑)

お菓子のルセットはとても大切なもの
もっと深くお店のお菓子が知りたいと思いはじめ、勇気をだしてシェフにルセットが欲しいと頼みました
快く「いいよ」
でっいただいたルセットからはじめて作ったシュー・ア・ラ・クレーム
ルセットをみた時、正直これでできるのかな?と思うようなルセット
できあがったシュー
今までで作ったシューの中で1番おいしい
さすがにお店のようにはできないけど、香りが全く違う

方法よりもどんなお菓子を作りたいかを明確にもつことで試行錯誤を繰り返し近づいていく
少しずつルセットをいただいてその思いに近づいていきたい

怒られてばかりだったのが、最近は褒めてもらうことも多くなって
それはそれで身が引き締まる思いです
最高のヴァンドゥーズ目指してがんばるぞ~~~
まだまだ私のお菓子人生はじまったばかり


*ヴァンドゥーズ・・・フランス語で「販売員」を広く指す言葉。製菓、製パン店の販売スタッフのことです
[PR]
by rui-sweets | 2012-04-18 12:04 | お菓子
<< 20年** 春の1日 >>