アナベルのショートケーキ
e0196965_09021571.jpg


パティスリーで働くようになって、もうすぐ4年になります
一緒に働いてた人が、次の日突然いなくなる!ってことを何度経験したことか(笑)
製造にはとてもじゃないけど入ることはできないけど(朝は6時から遅いときは夜中の12時近くまで続く肉体労働です!!)
若かったら・・・いや・・私も逃げてたかも・・・
私は働かなくて好きなことをしたらいいというだんなさんの甘い言葉にも負けず
よくぞ4年もがんばった!

ひとつひとつのお菓子は、たくさんの人の手、こころで、できあがります
はじめのころはそのお菓子を触ることが怖くていつも緊張してた
それだけの思いをかけて作ってることを知ってるから、自分の不注意で破損させたら・・・と思うと、手が震えた
見た目には簡単そうに見える、生菓子を触り、箱に詰める作業
ものすごく難しくて、ちょっとした職人芸です
今ではすっかりベテランになったので、このお菓子はどこを触って、どこに詰めてと見たらわかるようになりましたが
それでも仕事は大変で脳内フル回転させてます

まわりはみんな20代
へたしたら自分の子供でもおかしくない年代の子と働いてます
なかなかこういうところで働かないと交わることのない人と、同じ場所で、同じ気持ちで働けて、たくさんの経験ができた
いくつになっても、知りたいと思う気持ちがあれば、向上していけるんだって・・・
さぁ~~まだまだ人生楽しまなくちゃ!!





e0196965_09023279.jpg


「最近いっこもケーキ作ってくれへん!」っとぼやいてただんなさんにショートケーキを作ってあげました
メロンのショートケーキ
これね卵1個でできてるんですよ
卵ってすごいね

アナベルの花をたくさん飾りました
かわいい~~と喜んだのはわたしだけ・・笑
身近な人が喜んでくれるのがやっぱり1番の喜び

さぁ~~いい季節になったことだし
いっぱいお菓子作って、だんなさんに「もう太る~~~」って言われるまで張り切ろう!!(笑)


最近写真はすっかり便利なスマホ
いや・・・やっぱりデジイチだと!!
買い替えたのにいっこも使ってなかったので活躍させたいと思います
気が付いたらうちにカメラが8台もある
誰やこんなに買ったのは!!(笑)













[PR]
by rui-sweets | 2014-09-07 22:48 | お菓子 | Comments(4)
Commented by kumi_frisco at 2014-09-08 13:59
ruiさん、こんにちは〜!
今日のケーキも可愛い♡
味はもちろんだと思いますけど、ruiさんのお菓子はやっぱり見た目が素敵です。
「ケーキを作ってくれない」とぼやいた旦那さんが、ruiさんの一番のファンなんですよね〜♪
Commented by soraironotebook at 2014-09-08 18:07
こんにちはーーーーっ
お久しぶりヽ(*´∀`)ノです

アナベルのケーキ かわいくって思わずコメしました~
アナベル大好きだから・・
こんなケーキを目の前にしたら元気でるだろうなぁぁ~~

一人ブラブラ ステキなカフェを見つけて入る
コーヒーの良い香りに包まれながら
このケーキが運ばれてくる
見た瞬間 心からニッコリ
そんな場面を想像しながらruiさんのケーキの写真を楽しんだよ

頑張っている仕事のエピソードも
最近 後ろ向きばっかりの私にカツ!!入りました~
ありがとう
Commented by rui-sweets at 2014-09-09 14:18
*kumiさん*
kumiさんこんにちは~~~
お花のケーキやっぱりかわいいね
最近ちょっと好きになってきた(笑)
こちらのケーキメロンの味がいまひとつやったなぁ~~(-"-)
それでもだんなさんはそれはそれはおいしそうに食べてくれました
あれこれ言われると、ムッとなることもあるけど(笑)
ありがたいよね
Commented by rui-sweets at 2014-09-09 14:30
*noricoさん*
おひさしぶり~~~~
元気でした?

私もアナベル大好きなんでどうしてもお花が作りたくて、お店でもいろんな質問したけど、こういうのを作らないから・・・笑
どうにもわからず自分で考えてなんとかここまで作れたよ
もっと緑で色をだせばいいんだろうけど、この白い感じが気にいってるの

すてき~~~~~
確かにこんなケーキが運ばれてきたらそれだけでうれしいよね
noricoさんありがとう
今後どんなケーキを作っていこうか?と考えてたから
なるほど・・・なるほど・・・・

後ろ向きになる時もあるよ
ひたすら前ばっかみて走る年じゃないもんね
若い子にはがむしゃらに走れ!!って言いますけど(笑)
今までも歩いてきた道のりを大切にこれからを過ごしていきたいよね
<< kiminoka はらごしらえ vol.3 >>