カテゴリ:日々のできごと( 111 )
おちびさん
e0196965_10171769.jpg



いろんな人から
おちびさんの話楽しみにしてる~と
言って頂くので
今回はおちびさんのお話を書かせてもらいます

わがやにやってきてくれるようになって
もうすぐ7か月になります
1歳だったおちびさんが2歳に・・・
私たちがどんどん後退している中
ものすごい成長ぷりです

週末里親という活動は程よい距離で長く・・と言われています
預かるお子さんに寄って
その期間も違います
おちびさんは長期になると言われてるけど
それもどう変わるかはわからない
月に1回か2回
週末に預かります
就学前のお子さんなら平日の活動もできます

はじめてわがやにやってきた時は
それはもうお利口さんで
今までみたきた子供の中で断トツ
でも2人で・・
子どもらしくないなぁ~
まず目を合わせないし
ごはんを食べてる時も無表情
悪いこともしない
悪いことをしないのは大変ありがたいけど
でも子供は本来そういうもので・・
私も小さい頃ひどかった(笑)
まだ1歳の子が何度か会ったことはあるけど
いきなり知らない所に連れてこられたんだから
当たり前か!と思ったりもしたけど
今思えばそれだけではなかったように思う

2人とも感じたのが
できるだけ会わなあかん!
それから月3回~4回週末に預かりました
子どもと暮らしたことのない私たちは
それはもう楽しい反面
体がえらいことに・・

怪我をさせたりしないかと
はじめのうちはずっとつきっきり
どのタイミングでおトイレに行ってもいいのか?
わからずお昼寝するまで我慢してた(笑)

熱はだしてないか?
ちゃんと息してる?
お布団は大丈夫?
いつもほぼ徹夜
次の日はひどい頭痛
朝起きて笑顔の時は心底ホッとする

だんだんわが家にも慣れてきて
おうちの中をウロウロしたり
戸棚をあけたり
ひとりでおどけて見せたり
私たちの顔を見て笑うようになり
ごはんを食べてる時も
私たちの顔を交互に見て笑うようになった

乳児院ではごはんも大人と一緒に食べないし
たくさんの子供を職員さんたちが見るので
「おいしいね~」と笑いあうこともない
夜は子供だけで寝てて職員さんは別室にいるので
横に大人が寝てることもない

私たちの生活とは随分違う
怖い時はすっとんでやってくるけど
「おいで」と手を広げても
ほぼやってこなかった
それが先日はじめてやってきてくれた
あ~~またひとつ壁がとれた

小さくとも
壁があってそれは時や愛情で
ひとつひとつなくなっていくんだと

今は私を追い回し
どこにでもついてきてくれます
おトイレにもいけるようになったけど
小さなおててがいつも床からみえてます




e0196965_10533691.jpg




最近はイヤイヤ期という反抗期らしく
とにかくすべてに「イヤ!」
ほんまにイヤ!っていうんやと
2人でおもしろい
時には道路に寝そべり
「イヤ~~~~~!!」
あはははははは~~~!!
これみんなやるなぁ~~
「もうそろそろいい?行くよ~」というと
慌ててやってくる

電車や車には全く興味なさそう
好きなものはアンパンマン
かわいいものがどうも好きそうで
動くものは苦手
お料理してる姿をみるのも好き
お手伝いが大好き
2人で「オトメンやん」(笑)

子どもの成長にはびっくりする
乳児院に送ると
ここがおうちなのでわりとすんなり帰っていく
振り返りもなしかい!とたまに突っ込みたくなるけど
泣かれるよりずっといいので
それがこの間
振り返りだんなさんの元へスタスタやってきて
手をだして「ハイタッチ!」と
あか~~ん泣きそうやんか!!


何度も何度も大好きだという
いつかきっと辛い現実に直面するだろう
でも愛された記憶のある子になってもらいたいから
何度だって言うし
腰痛があっても抱きしめてあげる


靴はだんなさんが買ってあげたいと選んだもの
洋服は私が次から次へと買ってくるもの
先日はじめて西松屋に行った
ほぉ~~ここがそうなのか!と
パジャマ1枚買うのもすっごい時間がかかる
サイスは?腹巻付き?素材は?デザイン?
すんなり着替えてもらうためにも
好きな柄じゃないと!
それでもこうして経験したことのないことが
できる喜びは代えがたい


こういう制度がより広がり
少しでも寂しい子供が減るといい
と願うばかりです


次はもう少し詳しく制度のことを書こうと思っています
まだまだ勉強中なので・・・つたない文章で申し訳ないのですが
もしよろしければお付き合いください







[PR]
by rui-sweets | 2016-10-25 11:17 | 日々のできごと | Comments(0)
最高のおばちゃん
e0196965_10205900.jpg



ぞうさん好き?!
私も動物園でぞうさんが1番好きだよ

3人で動物園に行ってきました
はじめての場所や大きなもの動くものが苦手
「怖い・・怖い・・」と言ってしがみついて離れません
動物園無理かもなぁ~
でもなんでも経験!!

はじめは怖がって離れなかったけど
少しずつ慣れてきて
ひとりでじ~~~っと観察
何度も「ぞうさん!!ぞうさん!」と言って嬉しそうにしてました

2時間以上ほぼ歩いてまわりました
最後に「ぞうさんもう一回みる?」って聞くと
「うん!」
よっほど気にいったようです






e0196965_10280387.jpg




シロクマもみてきました
私もだんなさんも久しぶりに来たので
懐かしかった
暑かったけど動物は結構活発に動いていて
いろんな姿がみれました
正直動物は苦手だけど
おちびさんが嬉しそうにする姿をみると
連れてきてよかった~~
毎週くる?とまで思った(笑)



ずっと自分はどういうポジションであるべきか?に悩んでいた
私たちは親戚のおじちゃんおばちゃんのようにと言われてはいたけど・・
できればお母さんのようになりたいと思ってしまう
ずっと子供が欲しかったからそう思うのは自然なこと
でも何かが違う・・と、ずっと感じてた

公園に行っても他のお母さんのように
下から眺めてた
でもなんか違う・・・
あ~~もっと一緒に遊ばんと!!
この日はもう他のお母さんから見たら??みたいに
一緒に滑り台を滑り、遊具にまたがり
ジャンプしたり、スキップしたり
坂を手を繋いで走り転がり・・
空をみた

一緒に笑いあった瞬間
はじめて心が通じあえたように感じた
そう!最高のおばちゃんになろう!と思えた


このあと乳児院の遠足に参加した時に
おちびちゃんと担当職員さんの様子を見てて
あ~~この人をお母さんのような存在だと思ってるんだと知った

安心したけど・・
もうすぐこの職員さんともおわかれの時がくる
そう思うと・・
胸が痛くなって

こういう状況に置かれた子供が
どれほど辛く寂しい思いをしてるかと思うと
生きるってなんなんだろう?と・・・

遠足に参加したお母さんのひとりが妊娠されてたようで
その子供はどうなるんだろうか?と
子どもが生まれてくることは喜びに溢れてるはずなのに
そう思えない自分がいた


私たちに今できることは
たくさんの経験をさせてあげて
見せてあげること
そして私たちがとても大切に思いあい
家族でいることを見せてあげたいと思う
まっ喧嘩する姿もみせた方がいいんだろうけど・・
もう年より夫婦なんで喧嘩する力がありません(笑)


今週もまた動物園に行っちゃいますか!!

あ~~今年ももうすぐ栗がやってきます~~~~♪♪






[PR]
by rui-sweets | 2016-09-27 10:55 | 日々のできごと | Comments(2)
お誕生日おめでとう♪
e0196965_17532409.jpg



わがやがどんどんアンパンマンに占領されてきた!!
ついこの間までキャラクターなんて!!と
思っていたのに・・
アンパンマン!アンパンマン!っていうもんだから
喜ぶ顔見たさにえらいことになってきた

お誕生日は大成功でした
甚平さんの中ボタンにアンパンマン
大層喜んで着てくれました
ぴったりでした♪

幼稚園の先生になれるとみんなに言われた
こちらのアンパンマンはsatoさん作!!
クオリティーが違う!!
おちびさんがお昼寝中に飾り付け
起きたらそこにアンパンマン
それはもう喜んでくれました

折り紙の飾りは毎夜毎夜作りました
1週間あれもこれもとやりきりました!!

とても幸せそうに笑う顔がみれて
とろけてしまいそうでした(笑)


好きなこと
好きな人に出会い
そして何よりも自分が好きだと思える子になって欲しい
そのお手伝いができれば嬉しいな♪



そう先日イエ○ーモンキーの復活ライヴに行ってきました
個人のライヴには何度か行ったことがあるけど
グループでははじめて
ええおじさんになったけど
好きなことをできる喜びに溢れていた
みてるこちら側にもちゃんと伝わってきた
紆余曲折はあっても
やっぱり最後には自分の好きなことを
よき仲間とできるっていい!!
私も時間がかかっても
そうありたい!と思う
その姿を見てもらいたい!!


さぁ~~次はsatoさんのお誕生日です!!
がんばります♪♪










[PR]
by rui-sweets | 2016-07-13 18:10 | 日々のできごと | Comments(6)
アンパンマン
e0196965_11193637.jpg



アンパンマン!!
おちびさんに作ってあげたくて
パンの上手なお友達にアンパンマンのパンを
教えてもらいました
5人で作ったアンパンマン
いろんなアンパンマンがいてるよ
アンパンマンじゃない子もいてます
さてどれでしょ~う?(笑)




e0196965_11232541.jpg



中にはあんこがたっぷり~~♪

泣いて泣いてどうしょうもない時に
アンパンマンをみせると
あらもう笑ったの!!
お世話になりっぱなしの
アンパンマン
え~~どんどん増えてます(笑)
パンをみたらどんな顔をするだろう?
想像するだけでニンマリ

でもこの間お弁当を作ったのに・・
全く食べて貰えずで
かなり落ち込んだので
パンで挽回したい!!





e0196965_11273652.jpg



ランチはみんなで持ち寄った
具材でお総菜パン
これがもう斬新な組み合わせのパンが
次から次へとうまれておもしろい
食べてもものすごくおいしかった

ちくわで盛り上がって
みんなでちくわビジネスの話で盛り上がる~(笑)
昔から何か思い浮かぶと
すぐにビジネス話になる
妄想店舗をいくつ作ったことか(笑)




e0196965_11311858.jpg



焼きあがったパン
持ち寄りのお惣菜でランチ

全ての写真はemiちゃんが撮ってくれました♪


60歳が一区切り
あと25年かぁ~~と思っていたら
随分計算違いをしていて
あと15年(笑)
そう考えると人生はあっというま
また今度なんて思ってたら
次がないかもしれない
もっと好きなことをして
食べたいものを食べて
行きたいところへ行かないと

だんなさんはもう海外にはいかなくてもいいと言ってるけど
沖縄に行けたらいいそう(笑)
まっその気持ちもわからなくはないけど
できたら一緒にハワイに行きたいし
新婚旅行で行ったモルディブにも行きたい

それには行動あるのみ!!
あ~~でもまずはやっぱり沖縄かなぁ~
今年の夏はどこへ行こう
おちびちゃんも一緒に行けるといいなぁ~







[PR]
by rui-sweets | 2016-06-22 11:47 | 日々のできごと | Comments(4)
虫垂炎(盲腸)の手術
e0196965_21455612.jpg



またまたsatoさんが書いてくれました
看護婦さんにそっくりだと笑われました

入院してからほぼ毎日
まわりがお年寄りばっかりだったからか
ことあるごとに
「若いから~~」と言われ
その気になったり

なぜかごはん食べてないのに
2キロも太ってたり

入院生活ははじめての連続だった

虫垂炎の手術の前にいろいろ調べたので
もし今後手術する人がいれば何かのお役にたつかな?
興味のない方はすいません
でもいつなるかわかりませんから~~
長いです!



More
[PR]
by rui-sweets | 2015-10-14 12:15 | 日々のできごと | Comments(0)
祝・退院!!
e0196965_21253340.jpg




目指した5日で無事退院してきました
先生に早く帰りたい!とお願いしてて
手術の次の日
まだ歩くのがやっとだった
朝の6時に
「明日退院する?」
嘘やろ!!
さすがにそれは家族にも止められました
それぐらい完璧な手術だったのだろう(笑)

いろんなアレルギーがあるから本当に怖かった
先生や看護婦さんのサポートが完璧で
今回は点滴のテープかぶれだけですみました

今はおうちでゆっくり過ごしています
まだ傷が痛んで変な動きに
なかなか熟睡もできないけど
きっと日を追うごとによくなっていく


大きな仕事やりきりました!!
またよかったら入院話聞いてください♪








[PR]
by rui-sweets | 2015-10-12 20:44 | 日々のできごと | Comments(4)
ともだちと過ごす時

e0196965_22184925.jpg


emiちゃんが遊びにきてくれた
しかもおいしそうなお惣菜に今夜のおかずを持って♪


入院してるとき本当に友達に支えられた
emiちゃんもそのひとり
まわりの入院してる人は頻繁に誰かがやってくるのに
いつもチーン
病室に居づらくて待合室に行ってたなぁ





e0196965_22332986.jpg


朝から「おはよう、どう?」とlineを送ってくれ
いろんな話をして「おやすみ」で1日がおわる
誰もいてないけどひとりぼっちのような気がしなかった
携帯がなかったら脱走してたかも


友達に会い
食事をし笑いあう楽しい時間







e0196965_15580926.jpg


レアチーズケーキと桃とアイス
レアチーズケーキにはフランスのジャムの妖精
クリスティーヌ・フェルベールのグロゼイユのジャム
クリームチーズとサワークリームでさっぱり


久しぶりに作ったのでちょっと段取りも悪かったけど
楽しい!!
もっとこうすればおいしい!!がいろいろでてくる


入院してる時satoにいつも使ってる色鉛筆をもってきて貰った
売店でお絵かきノートを買って
食べたいケーキをいっぱい書いた
まだ暑いし無理は禁物だから・・・
涼しくなったらひとつひとつ形にしていこう
楽しみや~~♪
どんどん友達に来て貰わないと♪
もちろんおかずは持参で(笑)









[PR]
by rui-sweets | 2015-08-10 16:24 | 日々のできごと | Comments(0)
人生の分岐点2
e0196965_12141110.jpg



ここに残ると自分で決めたのはいいけど・・・
誰も知り合いもいなくて
外科病棟はいっぱいだと小児科病棟の4人部屋にたったひとり・・・
だんなさんはぎりぎりまで付き添ってくれたけど仕事があるのでバイバイ
次は2日後の夜
ここまで車で2時間、往復4時間・・・
仕事も忙しいから仕方ない
それまでなんとかひとりでがんばらないと!!

夜はこれまた眠れないほどの痛みに熱まででて・・・
水を飲むにも一苦労
買ってきてもらったお水をあけると
「パシュー!!」
炭酸水や・・・他のも・・・
お腹が痛いのに飲めない
ほぼ一睡もできずに朝がやってきて・・・

看護婦さんに「売店にいかせてほしい」
「外出はこのフロアのみなのよ」
炭酸水話をすると
「それは大変!!先生に許可をもらってきますね」って
っていうか買いに行ってほしい(:_;)

そう・・・付き添いの人がいないと水さえも買いに行ってもらえず・・

痛いお腹をさすりながら、点滴の棒をゴロゴロして売店へ
最低限の着替えしかないから洗濯も自分でする
悲惨や・・・




e0196965_12411993.jpg


恥ずかしい話・・・
ちょっと悲しくなって泣いた日もあったけど
日を追うごとに元気になってきて

旅先で入院してることを看護婦さんたちは知ってるので
みんないろいろと話しかけてくれ気が紛れた
後はlineでみんなと話してもらって
ひとりの入院生活にも慣れてきた

ここは富士山の麓標高800m
病院は国立公園内にあって、どこからか富士山は見えるはず
看護婦さんに聞くも、みなさん曖昧・・
病院から見なくても毎日見てるから大したことではない様子
せっかく富士山にいるから見たいわぁ~~




e0196965_12261895.jpg


少しずつ痛みも弱まり炎症もひいてきて
入院して3日目
何も食べず、飲み物だけで過ごしてきた
それが全く食欲がわかなくて、食べ物何それ?
でも食べれるようにならないと帰してもらえない
早く退院したくてチャレンジ

箸を持ってじぃ~~~としてるところに先生がやってきて
「絶対に無理はしない。今日はみるだけにしましょう」と言われ・・・
食べ物をみるだけというはじめての経験
長い時間じぃ~~とみて、ようやくおかゆをひとくち
体の中からじわぁ~~~と温かくなっていく
おかゆがものすごく甘く感じて
大層だけど・・生きてる・・そう思った


次の日から少しずつ少しずつ食べれるようになった
食べることは生きること
本当にそうなんだ


satoが新幹線、バス2時間、合計6時間もかけて大阪からきてくれた
平気だと思ってたけど、ずっとひとりで頑張ってたから
うわぁ~~と涙がでた
satoの会社の方からもお手紙をいただいて
ありがたくて・・ありがたくて・・・何度も読ませてもらった




e0196965_12402452.jpg



それからは日を追うごとにできることも増えて
1本1本・・点滴も減っていった

朝起きて窓を開けると緑の匂いがした
今日の終わりの感じぼぉ~~と空を眺める
忙しくてそんなことさえも忘れてた

1年365日もあって
なんでここで入院なの~~?とはじめのうちは思ったけど
ここで倒れたからこそ考えられたこともある
誰もいないこの場所だったから

看護婦さんや先生にも本当に良くしてもらったし
ごはんを食べることが生きてる証
家族のありがたみに友達の支え
そして何より思ったことは

だんなさんや家族のためにも生きなあかん
だんなさんがぽつりと
「死ななくて本当によかった。自分より先に死んだらあかんで」
だんなさんは目の前でお母さんが倒れて亡くなってるのに
私まで同じことをしたらあかん

小さいころから病気がちで
いつ死んでもいいように生きていこう!と思ってた
そんなの嘘
まだまだだんなさんと一緒にいたいし家族と笑いあいたいし
友達と過ごしたい





e0196965_13494652.jpg


退院する日が決まって、点滴の友達もいなくなったので
病院内を散策
「富士山見つけた~~~~~!!!!」
なんともうれしいやん
もちろん看護婦さんに報告しました♪




e0196965_14033503.jpg


最後に・・・これ・・・
だんなさんが買ってきたスリッパに靴下
100均と言えども・・・このチョイスはないやろ!!
こんなスリッパ誰も履いてないし

下着も買ってきてくれ・・少々おかしいものもあったけど
だいぶ恥ずかしかったそう
ありがたいことです


1週間しんどい時間も多かったけど・・・
自分にとって大切なことは何か?ということに気付けた
きっと私に必要な時間だったのかも・・・

旅先ではいろんなことをやってきたけど
最大の事件や
satoに言わせたら「おいしい!!」(笑)そう
お世話になったみなさん本当にありがとうございました








[PR]
by rui-sweets | 2015-08-06 12:43 | 日々のできごと | Comments(4)
人生の分岐点
e0196965_12375827.jpg


こっちに戻ってきて1週間
いつもとはちょっと違うけど日々穏やかに過ごしています
今日から8月
いろんなことがあった7月・・・
生涯忘れることないだろうなぁ

この絵はsatoがお見舞いにやってきてくれた時に書いてくれた絵
左が私で右がsato
ひきつり笑いに友達の点滴
やってきてくれたsatoが輝いてみえる(笑)
え~~輝いてましたとも!!(笑)

いつか笑って思い出す用の記録としてちょっとお話に付き合ください




e0196965_12024632.jpg


長期出張中のだんなさんの元へ仕事を終えて新幹線に飛び乗り関東へ
結婚してこんなに長い期間会わなかったのははじめてかもなぁ
だんなさんがお肉が食べたいというのでちょっと遅い夕食は焼肉

翌日からは富士山へ
早めに出発して山梨のワイナリーに行こうと思ってたけど・・
どうにも体がだるくて起きれない・・・
ここ数日疲れてたからかなぁ~~と予定を変更してゆっくり出発することに・・

お花と富士山がみえるポイント
あいにくのお天気で・・・富士山見えない
そのうち雨が本降りになってきたのと・・・どうにもおなかが痛くて・・・
前日の焼肉で私がレアで食べてたからあたったんちゃう?とだんなさんに笑われ
そんなことあるわけないし・・・
痛み止めで復活!!
それでもまたすぐに痛くなり・・・薬を飲んで・・・
だんなさんはものすごく心配性なので
「なんか変や、病院に行こう!」にも
「寝たら治る!!」




e0196965_12111006.jpg


宿の部屋からは河口湖と富士山
出張と重なり結婚記念日のお祝いができなかったので奮発したお宿
あいにくのお天気だったけど、うっすら富士山
お部屋からもお風呂からも雄大な景色が楽しめる

お腹が痛いのはあいかわらずだったけど、薬でなんとかだましだまし・・
お風呂にも入って豪華な夕食も根性で食べました(笑)

え~~~このあと悲惨
ほとんど眠れず・・・痛みになんとか耐え朝をむかえ
「病院に連れて行ってください」
なんとか洋服を着て、もちろんすっぴんのままで豪華朝食も食べれずチェックアウト

旅館の方に「お帰りの際にお写真お撮りしてます」と言われ
この状況で・・・・
断って・・・なんとか病院へ

8時からだと聞いてたからぴったり到着
すぐにみて貰えると思ってたのに・・・
そこから診察まで1時間半・・・
死ぬかと思った

昼前にようやく診断がついて
「おそらく虫垂炎でしょう・・・」
いろんな話をされとにかく手術をするのかちらすのか・・・
それを大阪かだんなさんの出張先かここで治療を受けるのか・・・
お腹が痛すぎてそんな思考回路ない~~~!!

すぐに看護婦さんの母に連絡して
「ちらすのも大変やからもうそこで切っちゃいなさい」
しょぼ~~~~~~ん
もし手術するなら明日と言われたけど、だんなさんも仕事の都合で立ち会えないかも・・・
ひとりで手術って・・・

決心を固めて先生の元へいくと
なんやらまた慌ただしい
どうやら虫垂炎の可能性が高いけど決定的ではないそうで
他の臓器も炎症を起こしてるらしい
いろんな協議の結果、もしも切って虫垂炎じゃないと切り損になるのでちらす方向で・・・
1週間の入院決定





e0196965_12294155.jpg


まさか入院するなんて思ってないから何にもないし・・・
だんなさんがいろいろ買ってきてくれた
まだ大きな町だったからなんでも揃った

24時間の点滴と絶食の上に抗生剤の点滴
ほんまにこんな短い時間になんてことが起こるんだ!!
まさか大阪でるときにこんな姿になるなんて・・・・
笑うに笑えないわ



ちょっと長くなってきたので次回へ
悲惨な話はまだまだつづく・・・・










[PR]
by rui-sweets | 2015-08-01 12:43 | 日々のできごと | Comments(0)
長い旅のおわり
お久しぶりです
長い旅の途中
いま関東にいます
3日の滞在が20日になり、やっと今夜大阪にかえります

だんなさんに会いに関東にきて、旅先で倒れてそのまま富士山の麓で1週間入院

退院後海沿いのホテルで静養

ようやく普段どおりの生活ができるようになり、大阪に帰ります

ほんまに何やってんだか…
いくら富士山が好きだからって入院せんでも(笑)
病院が標高800メートルあたりにあったそうでしばらくだけど住んじゃいました!!
知り合いのいない入院生活はなかなか涙ものでしたが、satoが6時間もかけてきてくれたのには感動したなぁ

また帰ったらお話させてくださいね
笑えるよ〜
旅先で事件をよく起こしてはいるけど、最大の事件やったなぁ(笑)
あんまり帰るのが嬉しくて報告しちゃいました

暑い日が続いてるみたいなんでお気をつけくださいね〜♩







[PR]
by rui-sweets | 2015-07-24 12:20 | 日々のできごと | Comments(4)