<   2016年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
サブレ
e0196965_09392206.jpg



先日の結婚式で頂いた引菓子に
自分で作ったヴィエノワ

パティスリーで1番長く一緒に働いた子でした
パティスリーの仕事は一言で語るのもなんだけど
大変です
おいしいお菓子を作ろうと思うと
その作業は半端ないし
重労働で長時間勤務で
集中力もいるし・・
「おいしい」と心に届くお菓子を作ろうと思えば
作る側もその思いを込めないと何も届けることはできない


正直もう無理だろう・・と思う中
やりきった彼女
今まで会った中で1番のがんばり屋さんだった
そんな彼女の晴れ姿をみることができて
とても誇らしく思い
これからは家庭という場所で
自分らしく伸びやかに
温かな家庭を作って欲しい


しかし最新の結婚式はすごい
デザートもお庭でビュフェになってたり
何よりも映像がすごかった
最後は式からの様子に
参列者ひとりひとりへ
メッセージが流れて・・・
何よりも参列者全員へ
お手紙が置かれてあって
それが便箋1枚にびっしりと直筆で・・
準備で忙しい中
なんとも心のこもった贈り物


来月は少しお手伝いに参加します
これからの自分の為にも
また新たな一歩を踏み出すためにも
しかし・・・もう何も覚えてなさそうで・・
ビビる・・・


今週はお誕生日ケーキのオーダーを頂き
今朝も試作してようやく・・
納得のものができた
その人のことを思い作るケーキは格別です


土日はおちびさんがやってきて
昨日は大きな公園の遊具で遊び
あまりのハードさに体中が痛い
久しぶりに逆上がりしたら
足がつった・・・
そこそこ身体能力はいいほうだと思ってたけど
それはもうはるか昔の話
しっかり体は40代です(笑)

おちびさんがやってきてから
私たちは笑うことも増えて
今まで縁のなかった場所に遊びに行き
ただただ笑顔をみたいと・・願う
気持ちを知ることができた

来月は大好きな
アンパンマンに会いにいこう!と思っています
最近私も好きになってきた(笑)








[PR]
by rui-sweets | 2016-10-31 10:07 | お菓子 | Comments(2)
週末
e0196965_21361162.jpg



家庭で暮らせない子供は全国で4万5千人
大阪市では1198人
(平成23年3月末現在)

家庭で暮らせない子供は短期間であれば
児童相談所の中にある
一時保育所で過ごしますが
長期間になると施設か里親に預けられます

里親には
養育里親・養子里親
親族里親・専門里親
ファミリーホーム・週末里親

それぞれの詳しい説明はこちらを・・


子供たちは2歳ごろまでは乳児院
18歳まで児童養護施設で過ごします

里親83人
ファミリーホーム24人
児童養護施設941人
乳児院176人

日本は里親委託児童は12%
ですが・・
オーストラリア93.5%
香港79.8%
アメリカ77%
イギリス71.7%

セミナーでは児童養護施設のような
施設のない国もあると聞きました
家庭で育つ仕組みがしっかりできているそうです


両親の面会や外泊のある子ももちろんいますが
全く外出する機会のない子供もいます
そうなると施設しか知らないことになります

施設と家庭の違いについては
前にも話したことがあるけど
何よりもひとりの大人と関わることがない
まず乳児院から児童養護施設に移るときに
今まで暮らしてきた場所、人と別れ
次の施設に行けば年齢によって
クラス分けされているので
その都度担当の先生が変わり
また施設の仕事はハードなので
人が続かないとセミナーで言われていました
そうすると誰が自分の小さい頃のことを話してくれるのか?
よく両親が小さな頃のことを話すのを
気恥ずかしくもありながら
嬉しく聞いてた・・あの感情も
ただ無条件に信頼できる関係も・・
ひとりの大人と関わることが
どれほど今度の人生に影響するかということ


親御さんももちろんいろんな事情があるのでしょう
今半数が児童虐待だと聞きました
私が小さい頃は同じクラスに片親の子も珍しく
もちろん虐待なんて言葉も聞いたことがなかった
今はテレビから虐待で子供が亡くなるニュースが頻繁に流れてる
いったいいつからこんなことになったのだろう・・・


おっと週末里親のことを書くつもりが
週末里親は外出の機会の少ない子供を
月に1~2回預かります
親御さんの面会があるときは
そちらが優先されます
親御さんが入園式などに行かれない時は
私たちがいけるそうで
運動会などの行事もだと聞いています
先日もおやこ遠足に参加してきました

ある程度親御さんの情報や
状況も教えて貰えますが
正直何を聞いても
理解ができないと思うので
ある程度以上は聞かないようにしています
「なんで?」「なんで?」の気持ちしかないので


大阪市であれば家庭養護促進協会へ行き
週末里親の活動について
家族構成、今までの経緯などを話し
家族全員の同意が得られれば登録します
わが家は1年内に2回ほどお話がありましたが
養子縁組に変更などの理由で
預かりまでは至らず・
委託の打診があれば
家庭訪問、面接等を受けます
子どもの年齢や性別の希望は聞いてくれます


女の子を希望していたのですが・・
男の子のお話で・・
私たち夫婦には男の子があってるように思う
との理由でした
どんな子でも受けると決めていたので
快諾しました
今は心底男の子でよかったと思っています
めちゃくちゃかわいい!!

その後は施設に何度も通い
信頼関係を作り
おうちでの活動が開始されました
毎回報告書を書き
施設とやりとりをします
私たちのおうちでの様子
帰ってからの施設での様子

おちびさんはまだ話せないけど
様子でわかると先生が言っていました
「今日はおばちゃんがくるよ!」と言うと
リュックを背負って
まだかぁ~まだかなぁ~と待ってるそうです

同じ週末里親さんのお話を聞ける機会があって
みなさん小学生位のお子さんで
それはもう大変そうで・・
2人でトボトボうちまで帰ったなぁ~~
この先のことを考えたら
それはもう不安しかないけど・・
まわりの友達を見てても
「子育て楽~~」なんて言ってるお母さんはいませんから
そう思うとちょっと気持ちが楽になる

この数ケ月
おちびさんを迎えに乳児院に通っていますが
大きなクラスの子はわかるという理由で
いつも小さな子のクラスでおちびさんは待ってくれています
中に入ると3~4人の子が
ハイハイで集まってきます
みんな必死です
とにかく抱っこしてほしい
自分を見てほしいのです
その目はいつも寂しそうでいたたまれなくなります

先生たちも優しいし
ぬくぬくのお布団もおいしいご飯もあるけど
やっぱり子供は家庭で育つべきだと思う
私たちが願えばおちびさんもうちで暮らせればいいのですが
そうもいかず
親権です・・・
この話をすると悪態をつきそうなので・・この辺で





e0196965_08285952.jpg


だぁ~~と書きましたが
まだまだたくさん勉強してきました
文章がつたなくて申し訳ないのですが・・
一生懸命書かせて貰いました


誰しも自分という存在をみてもらい
小さければ抱きしめてもらいたい
そうすることで自分も同じように
誰かを認め、愛し、自分を大切にできるのでは・・と思います

あ~~毎回思うのが
みんな寂しそうに見てるので
全員連れて帰りたい!!ですが・・
週末里親は子供さんひとりと決められています
たったひとりの自分だけの人です


今度の活動もできるだけ
書こうと思っていますので
どうぞお付き合いください

写真は本文には全く関係ありません
文だけずら~~はつらいだろうと思って
長い文章を読んで頂いて
ありがとうございます


さぁ~~今からお迎えに行ってきます!
どうぞみなさまもよい週末を~~♪










[PR]
by rui-sweets | 2016-10-29 08:44 | 日々のできごと | Comments(6)
おちびさん
e0196965_10171769.jpg



いろんな人から
おちびさんの話楽しみにしてる~と
言って頂くので
今回はおちびさんのお話を書かせてもらいます

わがやにやってきてくれるようになって
もうすぐ7か月になります
1歳だったおちびさんが2歳に・・・
私たちがどんどん後退している中
ものすごい成長ぷりです

週末里親という活動は程よい距離で長く・・と言われています
預かるお子さんに寄って
その期間も違います
おちびさんは長期になると言われてるけど
それもどう変わるかはわからない
月に1回か2回
週末に預かります
就学前のお子さんなら平日の活動もできます

はじめてわがやにやってきた時は
それはもうお利口さんで
今までみたきた子供の中で断トツ
でも2人で・・
子どもらしくないなぁ~
まず目を合わせないし
ごはんを食べてる時も無表情
悪いこともしない
悪いことをしないのは大変ありがたいけど
でも子供は本来そういうもので・・
私も小さい頃ひどかった(笑)
まだ1歳の子が何度か会ったことはあるけど
いきなり知らない所に連れてこられたんだから
当たり前か!と思ったりもしたけど
今思えばそれだけではなかったように思う

2人とも感じたのが
できるだけ会わなあかん!
それから月3回~4回週末に預かりました
子どもと暮らしたことのない私たちは
それはもう楽しい反面
体がえらいことに・・

怪我をさせたりしないかと
はじめのうちはずっとつきっきり
どのタイミングでおトイレに行ってもいいのか?
わからずお昼寝するまで我慢してた(笑)

熱はだしてないか?
ちゃんと息してる?
お布団は大丈夫?
いつもほぼ徹夜
次の日はひどい頭痛
朝起きて笑顔の時は心底ホッとする

だんだんわが家にも慣れてきて
おうちの中をウロウロしたり
戸棚をあけたり
ひとりでおどけて見せたり
私たちの顔を見て笑うようになり
ごはんを食べてる時も
私たちの顔を交互に見て笑うようになった

乳児院ではごはんも大人と一緒に食べないし
たくさんの子供を職員さんたちが見るので
「おいしいね~」と笑いあうこともない
夜は子供だけで寝てて職員さんは別室にいるので
横に大人が寝てることもない

私たちの生活とは随分違う
怖い時はすっとんでやってくるけど
「おいで」と手を広げても
ほぼやってこなかった
それが先日はじめてやってきてくれた
あ~~またひとつ壁がとれた

小さくとも
壁があってそれは時や愛情で
ひとつひとつなくなっていくんだと

今は私を追い回し
どこにでもついてきてくれます
おトイレにもいけるようになったけど
小さなおててがいつも床からみえてます




e0196965_10533691.jpg




最近はイヤイヤ期という反抗期らしく
とにかくすべてに「イヤ!」
ほんまにイヤ!っていうんやと
2人でおもしろい
時には道路に寝そべり
「イヤ~~~~~!!」
あはははははは~~~!!
これみんなやるなぁ~~
「もうそろそろいい?行くよ~」というと
慌ててやってくる

電車や車には全く興味なさそう
好きなものはアンパンマン
かわいいものがどうも好きそうで
動くものは苦手
お料理してる姿をみるのも好き
お手伝いが大好き
2人で「オトメンやん」(笑)

子どもの成長にはびっくりする
乳児院に送ると
ここがおうちなのでわりとすんなり帰っていく
振り返りもなしかい!とたまに突っ込みたくなるけど
泣かれるよりずっといいので
それがこの間
振り返りだんなさんの元へスタスタやってきて
手をだして「ハイタッチ!」と
あか~~ん泣きそうやんか!!


何度も何度も大好きだという
いつかきっと辛い現実に直面するだろう
でも愛された記憶のある子になってもらいたいから
何度だって言うし
腰痛があっても抱きしめてあげる


靴はだんなさんが買ってあげたいと選んだもの
洋服は私が次から次へと買ってくるもの
先日はじめて西松屋に行った
ほぉ~~ここがそうなのか!と
パジャマ1枚買うのもすっごい時間がかかる
サイスは?腹巻付き?素材は?デザイン?
すんなり着替えてもらうためにも
好きな柄じゃないと!
それでもこうして経験したことのないことが
できる喜びは代えがたい


こういう制度がより広がり
少しでも寂しい子供が減るといい
と願うばかりです


次はもう少し詳しく制度のことを書こうと思っています
まだまだ勉強中なので・・・つたない文章で申し訳ないのですが
もしよろしければお付き合いください







[PR]
by rui-sweets | 2016-10-25 11:17 | 日々のできごと | Comments(0)
モカマロンロールケーキ
e0196965_12415837.jpg


3週にわたり
「養子縁組について考える~不妊と選択~」
というセミナーに参加しました

part1
養子里親という選択
不妊治療の現状
養子里親を選んだ方のお話


IVFなんばクリニックの看護部の方のお話でした
不妊症認定看護師という方が
全国に162名いるそうで
そのおひとりの方です

昔は2年子供ができなければ不妊を疑ったそうですが
今は出産の高齢化もあり1年になったそうです

いろんな治療のお話かと思っていましたが
そうではなく
ご夫婦が治療をする前
治療中
治療終結後と・・
その間のお互いの気持ちを
男女というくくりでお話されました

どうしても女性はなんとかして
早急に結果が出したいと願い
自分の体を酷使しても治療を続けようとします
でも男性は子供も大切だと思いながら
奥さんの体を何よりも心配するそうです
不妊治療はどうしても女性側の負担が大きくなります
だからこそ男性は言い出せないそうです
「やめてもいい」なんて言おうものなら・・

お互いの気持ちのズレが生じてきます
でも男性側にとっても治療中屈辱的なこともありますが
どうしても女性の方が圧倒的に多いので
おざなりになります

治療がはじまれば
もう頭の中は子供のことでいっぱいになります
普通と違うわたし
パートナーに申し訳ない
(原因は半々だと言われ、原因不明の方も多いそうです)
孫を見せてあげれない
毎月が小さな流産である・・

でも・・どうか
自分の人生を振り替えり今後の人生についてよく考えてほしい
どの選択をしても間違いではない・・ということ

治療をしていて何が辛いかって
とにかく先が見えない
いつまで続ければいいのか・・
あともう1回やれば・・の繰り返しになります

体外受精になれば
病院にもよりますが
1回50~80万円はかかります

いろんな気持ちの話の中で
ほぼ当てはまった
そう私だけではないんです

人を妬んだり
自分を責めたり
みんなそうだということ

だんなさんに
この話をしたら
ずっと思ってたそうです
私の体が心配だと・・
でもとてもじゃないけど言えなかったと


体外受精後結果を聞きに2人で行った時
「努力が至らず申し訳ありませんでした」の言葉に
だんなさんがボロボロと涙を流した
私はずっと自分を責めてきた

でも・・
ご主人も時に泣いていいんです
同じ思いだからです
の言葉に救われた

あの涙は同じ気持ちでいてくれ
辛い辛い治療に耐えてるのは
私だけではなかったということです


治療したことはとてもよかったと思っています
もちろん子供ができればなおよかっただろうけど
それが私たちの運命なんだと・・

もちろんあ~すればよかった!と思うこともあるけど
今とても幸せなので
この先の人生を大切に過ごしたい
命をくれた両親に感謝して


おっとまだこの先があるんですけど
長くなったのでまた~

このケーキは珈琲味に栗です
ちょっと水分が多かったなぁ~~






[PR]
by rui-sweets | 2016-10-20 12:44 | お菓子 | Comments(4)
マロンパイ
e0196965_10312324.jpg



マロンパイを焼いてみた
う~~~んどうも折り込みの際に
水分量を間違ったのか
ベタベタした生地だった・・・
お友達のおうちに遊びに行くときの
手土産に作ったけど
延期になったので
よかったよ~~
おいしくないのを食べさせる所だった
自己責任とばかりに食べました
またリベンジするぞ~と思ったら
今週は気温が高い
残念




e0196965_10270202.jpg



一緒に焼いたパンドジェンヌ
先週はいろんなことがあって
ひたすら考えた
あまり考えて行動するタイプではなく
わりとその時の自分の気持ちで動く
でも自分だけのことじゃなくなると
悩む・・悩む・・・
でもそんな時だんなさんに話すと
一言で解決する時がある
問題は解決はしてないけど・・
解決するのは自分の気持ち
そ~~う!そうなんだ!!と・・
いろんなことが起るときに
自分はどうしたいのか?がわかれば
進むべき道がみえて楽になる
たぶんそこまでの道のりが誰しも辛い

おちびさんとの関わり合いで
乳児院からがんばりすぎて
この先私たちが心配だと言われ
制限がかかりました

この先親密になればなるほど
もっと一緒にいたい
一緒に暮らしたい・・
自分の子にしたい・・となれば
苦しみ気の毒なことになる・・と

そりゃそう思うこともあります
だってかわいいもん
でもそれは違うことはわかって
ボランティアをはじめた

でも・・
そんなことは2人ともどうでもよくて
今子供が何を望んでいるのかを
見てほしい

2週間ぶりにいくと
毎回おもちゃで叩かれる
怒ってるんです
待ってるんです
何もわからずただ待ってるかと思うと・・
きっとこの先大きくなれば
お友達ができて
私たちの出番は
少なくなっていくだろうと思う
今望まれてる時にいかないで
どうするんだ!

先のことばかり考えてても仕方ないし
私は人から
「気の毒」なんて思われる生き方はしてない

あ~~~思うようにはいきません
まっいろんな前例があってのお話だとは
思うのですが
全ての人がそこに当てはまる訳ではない

私たちはいつかおちびさんが
ご両親と暮らして欲しいと願っています
それまでの間
おちびさんが出会う中の
1人に慣れたらと思っています

出会った頃は
顔を見ても笑うことがなかった
手を繋ぐだんなさんの顔をみて
自分から笑いかけた瞬間
なんとも言えない気持ちになった
少しずつ何かが変わってきてる
その時間をどうか奪わないで欲しい


あ~~書いたらすっきりした!
すいませんこんな話で・・
私の今後の決意表明です(笑)


とてもいいセミナーに参加してるので
またそんなお話も聞いてください












[PR]
by rui-sweets | 2016-10-18 11:05 | お菓子 | Comments(6)
モンブラン
e0196965_09291169.jpg


今朝は朝活する!!と早起きするつもりが
たった5分早起きできただけ
でもこのひんやりとした空気がなんとも心地よい
冷える朝に温かい飲み物
ルイボスティーを飲み
おやつの時間に珈琲を飲んでる


自分のおやつに作ったので
あまりきれいじゃないけど
モンブラン
栗をペーストにして
市販のマロンペーストをほんのちょっとブレンド
単調な味に変化がでる
あとはお砂糖とバターのみ
土台はメレンゲでそこに泡立てた生クリーム
モンブランは栗を堪能するお菓子だと思っているので
余分なものはなし
でもこれができるのも
せっせと栗をペーストにしてるから

実はそこまでモンブランが好きではない
大概は缶のマロンペーストを使うので
あの独特な味がどうにも苦手
ほんの少し香る缶の匂いも

でも自分で作るようになって
好きなお菓子になった
あと10個は作れそうなので
おいしい珈琲と楽しもうと思う





e0196965_09401654.jpg



ずっと食べたかった無花果のタルト
いつもよりナパージュを分厚くしてみた
おいしかったけど見た目がいまひとつ

それでもずっと食べたかったタルト
ものすごくおいしかった



e0196965_09421763.jpg



9月に「京都音楽博覧会」に
satoさんと行ってきた
satoさんは主催してるくるりが好きで
去年も行ったそう
今年はミスチルがでるということで
チケットが~~!って言ってたけどとれた
satoさんチケット運あります
この日は朝から雨予報
2人で万全の態勢で挑んだ
以前屋外で途中から雨が降りとんでもない姿になったので(笑)
でも早めに行ってくれたsatoさんが
屋根のある場所を確保してくれたので
ほとんど濡れなかった
今まで何度もミスチルのライヴをみてきたけど
ものすごくよくて
satoさんも大層感動してた
くるりの予習もしていったのでバッチリでした!
さぁ~~ラストくるり!となったところで
ものすごい大雨に雷までなりはじめて
あえなく公演は中止
夜のニュースにもなってた!

最後までみれなくて残念だったけど
今年も屋外のフェスに参加できてよかった
寒くてビールが飲めなかったのが残念

小さいお子さんを連れてきてた人もいて
予習や!とミスチルの音楽を流してみたら
おちびさん「???」でした
刷り込みや~~とばかりにかけようと思います(笑)











[PR]
by rui-sweets | 2016-10-13 09:56 | お菓子 | Comments(2)
アンパンマンはあんこなんだよ~~!!
e0196965_14075536.jpg



日々充実してるのか
私の要領が悪いのか・・・
いっこうに時間がとれない

図書館のネット予約を使いはじめてから
本もどんどんやってくるので
読んでは返すの繰り返し
ただいま5冊を同時進行中!!
と、思ったらまた予約した本のお知らせが・・
レシピの載った本がもったいないんだよね


2週間前だったかな・・
おちびさんがやってきてくれた日のおやつに
アンパンマンのパンを作っておいた
それはもう大喜びで
私の鼻も膨らんだよ~~♪
真ん中のお鼻をがぶり!!
お~~~そこからいくか!!
「ほら、中にちゃんとあんこも入ってるよ~~!!」と
見せると
すっごい顔になって
「こわい~~~~~!!」
パン投げ捨てられました
ショック~~!!
その後は見向きもされずかわいそうなアンパンマン
かわいそうなわたし・・
パン作りはあんまり得意じゃないけど
がんばったのに~~





e0196965_14172082.jpg



今年はとてもいい栗がやってきた
去年のものより形もよくって色つやもいい
ただよすぎるのか
渋皮がものすごく脆くって
だいぶ煮崩れてしまった
半分を渋皮煮、半分をペースト
このペーストにする際にこすのがそれはもう地獄のようで
半泣きになりながらやりました(笑)
おいしく食べるために3回はこすようにしてます
世界で1番おいしいケーキというsatoさん
モンブランです
また写真を撮ったので載せますね



今週末は結婚式に10年以上ぶりに参列する予定です
お天気もよさそうでよかった
洋装にする予定だったけど
和装で行くことにしました
あんなにがんばって痩せたのに・・・
久しぶりすぎてマナーもすっかり忘れてそうなので
しっかり予習していこう!


この間の屋外ライブのこと
おちびちゃんのこと
セミナーのこと
お菓子の話と・・・
たくさん話したいことがあります
風化しない内に更新するぞ~~!!







[PR]
by rui-sweets | 2016-10-12 14:28 | おうちパン | Comments(4)