<   2017年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧
なつやすみ
e0196965_11384914.jpg



あ~~私の楽しかった夏休みがおわった
こんなに楽しかった夏休みはいつぶりだろう・・
足が痛くてどうなることかと思ったけど
いろんな人に助けて貰った
育児はひとりじゃ無理
誰かがいてくれるだけで
心にゆとりがうまれ
優しくなれる
まっ何回も
「○○ちゃんうるさい!」言われたけど(笑)


おちびさんがやってきた日に
カレンダーにおちびさんの名前を書いて
「これだけいるよ。でも帰りたくなったら
いつでも言うんだよ」と伝えた

足を怪我をしてることを話すと
「大丈夫?」と頭を撫でてくれ
なんとなくわかってくれてた
3歳になるとほぼこちらの言ってることは
わかってて、おちびさん頭がよさそう




e0196965_12020367.jpg



だんなさんはプールに動物園にと・・
satoも何度もやってきてくれて
外にでれない私の代わりに
連れてでてくれて本当に助かった
なんとか歩けるようになるのに1週間
(本当はここで骨がくっついてる予定だったけど・・)


だんなさんのお兄ちゃん家族とsato達、私達と
大人6名、子供2名と
ちょっとニュースになっていた
フルーツフラワーパークへ
バーベキュー、ブドウ狩り、ゴーカートなど
この日はものすごく暑くて
ヒーヒー言ったけど
おちびさんのひとつ下の姪っ子ちゃんもいて
終始和やか
「お兄ちゃん」と言われるのが嬉しいようで
手を繋いで一緒に歩いてました
姪っ子ちゃんが走りまわるので
大変そうだったけど(笑)
みんなで行ったことがすごくすごく楽しかったようで
「また行く!」と何度も言ってました


最近眠る前に
「およげたいやきくん」と
私の自作「今日あったこと」を歌にします
間違ってる箇所があると
横で追加してきます
「今日動物園に行きました~~♪
でも泣いてシロクマしか見れませんでした~~♪」
と歌うと
「ぞうさんもみました~~♪」って(笑)
あとでだんなさんに聞くと
ぞうさんは置物だったそう(笑)
最後の夜
「たのしかったなぁ~♪またきたい、またくるよ~~♪」
って歌ってきた時には泣いてしまったよ





e0196965_12340444.jpg




お友達とUSJに行き
たくさんお姉ちゃんに遊んで貰い
帰ってからも何度もその話をして

satoのお友達の子供ちゃんも
遊びにきてと・・

甚平さんを着て
お祭りにも行きました
だんなさんも甚平、私も浴衣を着ました
浴衣着れるかわからなかったけど
だしてると
「○○ちゃん、このお花のかわいいの♪」っていうので
がんばってきたのに・・
5分で帰ってきました(笑)
行く前は興奮しすぎて倒れるんじゃないか?
の勢いだったのに・・
盆踊りの太鼓の音が怖かったようで
これまたすごい惨劇
「ぎゃ~~~!!きょわい!!きょわい!!」
あ~~~~~~
晩ご飯少な目にしたのに・・


だんなさんとこの短い期間にも
成長を感じたねと・・
3歳なので少々ややこしい時もあって
自分でなんでもやらないとだめで
急にぐずりはじめて手が付けれなくなったり
私達はいつまで一緒にいれるかわからないから
ただ甘やかすだけではなく
考える力を持ってほしくて
ヒントになることを教えたり
それでもだめな時はほってます
そうすると自分で考えて行動に移します
その時はもういっぱいいっぱい褒めてあげてます


この期間にたくさんできることも増えて
足が痛い私の代わりに
たくさんお手伝いもしてくれました
そのおかげで
あ~~こんなこともできるのか?
お手伝いが大好きなんだなぁ~~と


最後
「またね~~~!」と手を振って
施設に戻っていきました
そう・・
またね!!なんです

さぁ~~それまでまたがんばろう!と
思ったけど
靴が履けないので
しばらくは休養でございます

来月からはいよいよ
忙しい日々がスタートするので
しっかり治して
がんばろう!!









[PR]
by rui-sweets | 2017-08-26 13:10 | 日々のできごと | Comments(2)
おちびさんの甚平
e0196965_16535294.jpg



この1週間いろんなことがありました
台風がやってきた日に母が手術
病院に12時間
帰り大変な目にあって(笑)
手術前も、手術の先輩として
通院も毎回参加
本気100%で
「手術で母は死んだりしませんよね?」と
先生苦笑いしながらどんな手術も100%はありません
全く持ってその通り
とてもいい先生で納得するまで
何度も話をしてくれた

自分の時は手術中寝てるだけだったけど
まぁ~待ってる時間っていうのは長い
予定時刻を過ぎても呼ばれない
こんなに時計をみたのは久しぶり

手術室からでてきた母をみて
心底安堵した
あ~~~死ななくて本当によかった・・と

予定した手術よりも
先生達は大変になるけど
母の負担が少ない方法に急遽変更になった
手術前に何度も先生にお願いした方法だった
そのおかげで母は予定した入院期間より
早く退院できた

毎日病院に通って
この甚平さんを縫った
おちびさんの甚平
今年は仕事も忙しくて作るつもりはなかったけど
やっぱりそれはおかしい!と
毎年毎年作ろうと決めたこと




e0196965_17044912.jpg



縫物をする私を母がみて
そんなことをするんだと・・・
違うよ!お母さんに教えて貰ったからだよ~

母はおちびさんのこと
あまりよく思っていませんでした
それは他人の子のお世話をするなんておかしい
しかも大変な子でしょ?!
母は子供がいなくても仲のいい私達に
波風がたつようなことをして欲しくなった

それでもおちびさんに私の家族を知って欲しかったから
写真を送ってみたり
たまにおちびさんに電話にでて貰ったり
母の口からおちびさんの話がでるようになり・・
入院はいい機会かも・・と
3人でお見舞いにいった

母はやっぱり少し戸惑っていたけど
それでも話かけてくれたりしてた
いきなりおばあちゃんなんて呼ばれても
すぐに受け入れるのは難しいだろう
これから少しずつ距離が縮まっていけばいいなぁ




e0196965_18043444.jpg



おちびさんに喜んで貰えるようにと
アンパンマン仕込みました!
この生地かわいいいでしょ~~♪
よぉ~~く見るとねこさん

明日から私の夏休みいっぱいおちびさんが
やってきてくれます
9日間!!
はじめての長丁場
ワクワク楽しいはずが・・・
なんと数日前に
鍋が足の小指に落ちて
大出血&骨折
も~~~~~お~~~~~
何やってるんだ!!
お墓参りにも帰れず
時間がない中作ったロールケーキ3本も無駄に・・

数年に1回何かやらないと
いけないみたいです
何度も何度も先生にどんな鍋が落ちたのか
説明して・・
他の先生がやってきて
「えっ鍋?!」と・・

救急だったので
近くの病院に転院しても
そこで「どんな鍋?」と
何度鍋の説明をしたことか・・笑
幸いぽっきりしゃっきり折れてるそうで
手術にならなかった
全治2ヶ月

さぁ~~おちびさんとどんな日々になるのだろう
だんなさんはお母さんが怪我したり
病気するってこともあるんやから
これもいい経験や!と

遅れてはじまる夏休み
普通には歩けないけど
めいいっぱい楽しもう!!
負けないぞ!!









[PR]
by rui-sweets | 2017-08-14 23:35 | 日々のできごと | Comments(4)