夏の思い出
e0196965_12414745.jpg


今年は地震に豪雨に台風にと・・・
天災の怖さを思い知りました
みなさん大丈夫でしたか?

おちびさんお熱がでてしまい
今回の取り組みは中止になりました
おちびさんの具合が悪くなっての中止ははじめて
施設内でインフルエンザが流行っていても
かかることなくいつも元気にしてたので
具合が悪い時一緒にいてあげることが
できないのは辛いものですね

この写真は8月お墓まいりに鳥取に帰った時のもの
結婚式で会った親戚の方が
今年は一緒に帰っておいで!と言ってくれ
3人で帰りました
ちょうど兄夫婦も帰ったので
総勢7名の賑やかな帰省になりました
4回お墓まいりに行きましたが
教えてもないのに
姪っ子と2人でお墓掃除をして
小さな手をあわせて
みんなの名前を言い「守ってください」とお願いしてました
父も母も目を細め見てくれてただろうなぁ

親戚まわりもして
生まれたばかりの姪っ子ちゃんもいたので
おちびさんも抱っこさせて貰いました
落とさないでよ~~と心配しましたが
ちょっと緊張しながらも
しっかりと抱っこしてる姿に
思わず笑みがこぼれた
お兄ちゃんの顔してました
自分もちょっと前までは
赤ちゃんでどうやって生まれてきたのか?が
どうしても伝わりにくいので
こういう時に
「みんなはじめは赤ちゃんだったんだよ~」
の話をするようにします

施設に預けられてるのは
自分が悪い子だからと思う子もいます
施設では生まれるごっこをすると聞きました
トンネルをくぐって
「生まれた~~~!!」
みんなが笑顔で自分を待ってくれている
おめでとう!!おめでとう!と言ってくれる
自分という人を大切だと思う1歩なのかもしれません





e0196965_13163837.jpg

夏休み2人で名古屋にも行きました
はじめての2人旅
はじめての新幹線
夜眠れなくなるほど楽しかったようです
satoや婿殿にも甘えてました
たくさんの人に出会い
たくさん愛情を貰って欲しい
帰りの新幹線で
「珈琲買いたいねん」と言ってたのに
ぼ~~っとしてて
そしたらおちびさんが手をあげて
「こーちーください」と言ってくれたのには驚いた
僕が頼んであげたんやで~~と




e0196965_13072464.jpg


お友達と京都の水族館にも行きました
みんなに気遣ってもらい
大切にしてもらえて本当にありがたい

友達家族とプールにも行って
お祭りに・・
家族の集まりにと・・
とてもいい夏だった

長い取り組み中は
急に赤ちゃんになってた
赤ちゃんの頃に満たされなかった思いを
大きくなっても受け止めてほしくて
赤ちゃん返りをすることがあります
お漏らしをし、ハイハイにオムツに
ご飯も食べさせて
お洋服着せてと言い
昨日までできたことも
できないと言います
なんでもやってあげる!と
喜んでやってます
なんなら一緒にハイハイをしてみたけど
大変だ~~ハイハイ(笑)

期間中に私達に
小さな声で
「お父さん」「お母さん」と言うことが1回ありました
きっと呼んでみたかったんだろうなぁ~と
好きなように呼んで構わないと言ってます
が、いつものように元気に名前で呼んでました


このお休みの間に読みたかった本をたくさん読んだ
一冊の本にこう書かれてあった
「昨日より、明日はもっと家族」と
本当にその通り
その積み重ねなんだと

おちびさんがやってきた頃は無表情だけどお利口で
よく壁や床に頭を叩きつけてた
手を広げても飛び込んでくることもなく
抱っこしても変な距離があって
どうしたものか?と思った
とにかく笑おう!どんな時も笑おう!と
少しずつ少しずつ距離が近くなった
今は誰よりもおちびさんの笑顔が最高
後は「だいすき」と言葉で伝えること
最近はそうかぁ~~みたいな時もあるけど
え~~しつこく言いますよ

近頃はもっぱら「自分で!」と言い
1人でできることも多くなってきてます
おトイレにも入れて貰えません
寂しいこの頃です
もうオムツも卒業したけど
「あ~~~オムツ姿好きやったのに~~」というと
たまに履いてくれます(笑)


20日という長い取り組み後
先生に言われたのが
帰ってきてから
「とてもニコニコ穏やかに過ごしています」でした
それまでは急に怒り出したり
イヤイヤも凄かったそうです
長い取り組みにも意味がありますね
と、言って頂いて本当に嬉しかった
正直大変でした
もちろんかわいさもあるけど
生活していくのはそれだけではないですからね
この世で1番偉いのは子育てするをするお母さん
私も成長させて貰えた夏でした








[PR]
by rui-sweets | 2018-10-02 13:52 | 日々のできごと | Comments(2)
Commented by tamaekagawa at 2018-10-03 07:15
こんにちは😃
今回もるいさんのおちびさんへの愛が伝わってきました(*^ω^*)

そしてお写真すごく素敵です!
写真家みたいだなと思いました。
趣味でやられていたりするのでしょうか。

親戚の方に合わせられるってすごいですよね。
羨ましいです。

私は母だけに写真を見せました。
がなかなか父には言えません。
母も北海道に帰省した時に、週末里親をやるっていいましたが、複雑な表情を浮かべていたので、孫を見せてやれない負い目を感じてしまったのがあります。

夫は、もっと言えないみたいで、富山に帰省する時に、連れて行こうか?と冗談ぽく言ったら、嫌だよ。と言っていました。

始める前は、お互いの両親にも合わせたりしたいなぁと思っていたのになぁ。と思います。

後は、この前うちのおちびさんと遊ぶのに疲れ「もう限界」って愚痴ったら、
じゃあ辞めれば?と言われたのもショックだったなぁ。と思い出しました。

旦那さんはどうやって、るいさんのおちびさんを愛していきましたか?

今うちの夫は、私が言わないと話しかけたり、遊んだりしないんですよね(°▽°)

その姿にいつもドン引きしちゃうんですよね。
Commented by rui-sweets at 2018-10-03 18:18
*たまさん*
こんにちは~♪

写真褒めて頂いてありがとうございます
好きで撮ってますが今はスマホ専門になってきました

きっと結婚式で会ったからだと思いますが、式に参列させたいの話をした時は緊張しました
みんなとても大きな愛で迎えてくれました
ありがたかったです
うちも両親はう~~んでしたが、会うとかわいいようでよく話をしてます

私はお友達にたくさん子供がいてたので接する機会はあったので、そこまで子供に対して緊張はなかったですけど
旦那さんはあまり接する機会がなかったので「わからない」ことが多く、どうしたらいいんだろう?って感じでした
どうしても子育ては女性中心になるので、参加しづらかったのかもしれません
出来るだけだんなさんとおちびさんが一緒に何かできるように仕向けたり、1番いいのは自分がいなくなることですね
2人だけの世界を作ってきますよ(笑)
女性は母性は元々ありますが、男の人は育てていくのかもしれませんね

まずは3人です
そこから一つ一つ関係を築いけていけばいいように思います
私もタマにえ~~~~!!って思うことありますよ
男の人も子供みたいなものですから(笑)
<< 青空会 あれから・・・ >>